一年生の黄色い帽子の洗濯方法!失敗しない4つのコツ - モノ・コト・ココト

一年生の黄色い帽子の洗濯方法!失敗しない4つのコツ

この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

子育て
スポンサーリンク

一年生がかぶる黄色い帽子。

毎日かぶるものだから、汗やホコリで汚れが目立ってくることもあります。

そんなときは自宅で気軽に洗濯したいですよね!

そこで一年生がかぶる黄色い帽子の洗濯で失敗しないコツをご紹介します。

スポンサーリンク

一年生の黄色い帽子を洗濯!失敗しないコツは?

一年生がかぶる黄色い帽子は、ほとんどの場合自宅で洗濯することができます。

失敗しないコツ①洗濯表示をチェック

参考までにうちの子が使用している黄色い帽子の洗濯表示を見てみましょう。

左上から時計周りに、

  • 40℃限度手洗い
  • 漂白NG
  • タンブル乾燥NG
  • 日陰で平干し
  • ウェットクリーニングNG
  • ドライクリーニングNG
  • アイロンNG

となっていました。

つまり、一年生の黄色い帽子はぬるま湯での手洗いが推奨されているということがわかりました!

失敗しないコツ②洗濯する前の準備

自宅で黄色い帽子を洗濯する前の準備として、黄色い帽子に付いているワッペンやバッジなどを外します。

ワッペンやバッチは洗濯して破れてしまう可能性があるため、必ず取り外すようにしてください。

チョロ
チョロ

取り外さないと、金属部分が錆びてしまう可能性があります。

失敗しないコツ③基本は手洗いで

一年生の黄色い帽子はぬるま湯での手洗いが推奨されています。

40℃以下のぬるま湯に適量の中世洗剤を溶かし、優しく押し洗いをしてください。

ゴシゴシ洗うと色あせや形がくずれることがあるので、注意してくださいね。

脱水するときはタオルで包んで優しく水を押し出します。

十分に水気を取りのぞいたら、風通しの良い日陰で自然乾燥させてください。

失敗しないコツ④洗濯機で洗う場合

種類によっては洗濯機を使用できるタイプの黄色い帽子もあります。

洗濯機を使う場合 まずは洗濯表示をチェックして、洗濯機で洗えるか確認してください。

洗濯機で洗っても問題ない場合は、帽子をネットに入れて洗いましょう!

色が落ちないように、水温は30℃以下がおすすめです。

普通の洗剤を使っても大丈夫ですが、色を守るために漂白剤の入っていないものを選んでくださいね。

小学校の黄色い通学帽子の洗濯頻度について

通学帽子は毎日使うものなので、汗やほこりで汚れることが多いです。

特に夏場は汗をかきやすいので、週に1回程度洗濯するのが望ましいです。

ただし、汚れが目立つときはその都度洗うようにしましょう。

小学生が2人いる我が家の黄色い帽子の洗濯頻度

小学生の子どもが2人いる我が家の場合、黄色い帽子の洗濯頻度は夏休み・冬休み・春休みに入ったタイミングで洗います。

とはいえ、夏は汗を書くので黄色い帽子はビッチョビチョに・・・。

よく見ると塩を吹いて白くなっていることもあるので、夏は週1または週2程度で洗濯していますよ。

チョロ
チョロ

小学校の黄色い通学帽子の買い替え頻度について

通学帽子の買い替えは使用状況によりますが、だいたい1〜2年に1回が目安になります。

成長とともにサイズがきつくなってきたら買い替え時ですね!

しかし、色あせやサイズアウトがない限り、きれいにお手入れしながら長く使用することも可能です。

チョロ
チョロ

ちなみにうちの子は4年生ですが、1年生からずーっと同じ黄色い帽子を使っています。

一年生の黄色い帽子ってどこに売ってるの?

一年生の黄色い帽子は、学校から指定されることも多いですので、まずは学校からの案内を確認してください。

学校指定でなければ、文房具店や子供服を扱うお店、またはインターネットで購入することができます。

▼洗濯機OKの黄色い帽子

黄色い帽子のゴムが伸びた場合の対処法

ゴムが伸びてしまった場合は、簡単に自分で交換することができます。

100均や文房具店などで同じような太さのゴムを購入し、古いゴムを取り外して新しいゴムに交換します。

ゴムを結ぶ際にはしっかりと結んで、端がほどけないようにしてください。

一年生の黄色い帽子の洗濯・まとめ

一年生がかぶる黄色い帽子の洗濯は、基本的に自宅で行うことができます。

手洗いが推奨されているもの、洗濯機OKなもの、帽子によって異なるので、必ず洗濯表示を確認してください。

夏場は汗や皮脂で汚れが蓄積される季節なので、定期的に洗濯してあげるのがおすすめです!

コメント