サマージャンボ2023引き換えはいつから?有効期限は? - モノ・コト・ココト

サマージャンボ2023引き換えはいつから?有効期限は?

この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

宝くじ
スポンサーリンク

この記事は、サマージャンボ2023の引き換え期間についてご紹介しています。

夏の風物詩の1つ、サマージャンボ宝くじ

今年は、1等と前後賞合わせて7億円です。

一攫千金を狙って、毎年購入を考える人も多いのではないでしょうか。

そんなサマージャンボ2023の引き換え期間や有効期限についてご紹介します。

スポンサーリンク

サマージャンボ2023の引き換えはいつからいつまで?

サマージャンボ2023の引き換え期間は…

2023年8月23日(水)~2024年8月22日(木)まで!

チョロ
チョロ

例年と同じく1年間の引き換え期間となっています。

なお、サマージャンボ2023の抽選日は2023年8月18日(金)です。

抽選日から5日間後に引き換えが始まりますのでご注意ください。

サマージャンボ2023・宝くじの有効期限

引き換え期間の1年を過ぎると無効になります。

引き換え期間が過ぎると、宝くじのチェッカーから当選番号のデータが消えるため、当選していた番号が記載されていても、チェッカーからはきだされてしまうようです。

購入した人は当選していないと思っても、1度販売店などでチェッカーに通してもらい確認した方が確実です。

せっかく購入したのなら、しっかりとチェックして紙切れになる前に早めに換金に行きましょう!

当選した宝くじを引き換えないとどうなる?

宝くじの有効期限が過ぎるとただの紙切れと一緒です。

もし1秒でも過ぎてしまうと換金できません。

特に高額当選の場合は、銀行に行かなければいけないので、窓口が閉まる時間までに換金しないといけません。

チョロ
チョロ

銀行の窓口は平日の15:00まで。余裕をもって行きましょう!

引き換え期間が過ぎたお金はというと、全国の公共事業に使われます。

宝くじの収益の使い道と同じようですね。

結果、私たちのもとに還元されているようですが、せっかく購入したものなので換金しないともったいないですね。

ちなみに2022年サマージャンボの1億円以上の当選で未換金が14本もあるようです。

例年大小合わせて未換金のお金はなんと100億円以上です!

購入したら、当選番号の確認、換金をお忘れなく!

サマージャンボ2023・引き換えはいつからいつまで?

サマージャンボ2023の有効期限について

  • 抽選日は2023年8月18日(金)
  • 引き換え期間は、2023年8月23日(水)~2024年8月22日(木)

当選番号が発表されたら、1度販売店などへ当選の確認に行ってください。

そして、換金はお早めに!

 \こちらもチェック/

コメント